岩手医科大学産婦人科学講座【オフィシャルサイト】

ご挨拶

岩手医科大学産婦人科学講座のウエブサイトをご覧くださり有難うございます。

 産婦人科医の馬場 長(ばば つかさ)です。当講座は1928年に登倉達雄先生が開講なさって以来、小暮健一郎先生、泰良麿先生、西谷巌先生、利部輝雄先生、杉山徹先生に引き継がれました。私は杉山徹教授の後任として2018年10月より当科の主任教授を務めています。

 

 産婦人科は女性医学とも呼ばれるように、女性の生涯に寄り添います。思春期からお母さんになるまでは月経にまつわる様々な悩みの解消と感染症の予防・治療につとめます。妊娠中は母体の健康とお腹の中の赤ちゃんの発育を見守ります。妊娠しにくい女性や、逆に妊娠を望まない女性には一人一人の体の状態や生活習慣、考え方に合わせて生殖補助治療もしくは避妊の手立てを提供します。閉経前後に心身の揺らぎを迎えた方には更年期治療としてホルモン補充や漢方治療、骨粗鬆症対策を行います。また、全生涯を通して、子宮や卵巣にできる腫瘍の治療と検診を行います。

 日本では年間約100万人の赤ちゃんが産まれ、約3万人以上が子宮がんや卵巣がんに罹患します。産婦人科はそういった生死に携わるだけではありません。痛み止めが欠かせないような月経の痛みや不妊のもととなる子宮内膜症をもつ女性は800万人と糖尿病の患者数をも上回り、不妊で悩む女性も50万人を超えます。産婦人科は従来の周産期と腫瘍に加えて生殖補助治療とヘルスケアを4つの大きな柱とします。われわれ産婦人科医は多様な病態・疾患に対して、一人一人の女性のライフスタイルやライフステージに応じた治療を提供することを目指しています。とはいえ本県は広く、病院や診療所、医師の数など産婦人科医療資源に限りがあります。私たち岩手医科大学産婦人科は、地域の病院・診療所・クリニックの医師、薬剤師だけでなく、助産師、保健師、看護師、ソーシャルワーカー、および行政担当の方々と広く協力し、県民の皆さんに良質な産婦人科診療を届けるよう努めます。

 

 この20年間で産婦人科医学の分野では多くの技術革新がありました。私の研修医時代には多くの画像検査をフィルムで見ていましたが、今では胎内で動く赤ちゃんをリアルタイムで3次元画像として妊婦さんと一緒にモニターで見ることができるようになりました。当科では周産期スタッフがさらに深く胎児行動・発達を研究しており、遠隔診療システムを介して盛岡以外の地域にも当科の診療を届ける試みにも着手しています。生殖スタッフが力をあわせて高度生殖補助医療を推進し毎年200件以上の体外受精も行う体制が整ったことで、妊娠を望むカップルの多くが県内で赤ちゃんを授かるようになりました。

 当院の婦人科では以前より治療の難しい進行がんに対しても積極的に治療法を探索し、手術や化学療法を行ってきた歴史があります。若年でまだ赤ちゃんが欲しい子宮頸癌の患者さんには、子宮体部を残して病変部を切除するトラケレクトミーも行ってきました。さらに、侵襲度の低い内視鏡手術や抗腫瘍免疫治療など以前には想像もしなかった先進的な治療を日常的に受けることができる日も近づいています。このような中で変わらないのは産婦人科学がとても興味深い分野であるということです。私は婦人科腫瘍が専門でこれまでに子宮がんに対して150例以上の腹腔鏡手術・ロボット手術と、30例以上のトラケレクトミーの執刀経験があり、それぞれの患者さんが治療を経て治癒や社会復帰に至ったり、分娩に至ったり、と慶びを分かち合う現場に数多く恵まれてきました。ただ、20年余りの経験を経た現在でも解釈の難しい症例に遭遇することや、カンファレンスにおいて他科や他病院の先生から学ぶ機会が多々あります。新しい知識を得るという感動が新人時代から今も絶えないのが産婦人科です。

 

 今後も技術革新により、より精度の高い診断や難治性の疾患に対する治療が実現できるようになるでしょう。ただ、技術や機器だけでは県民の皆さんに良質な産婦人科医療を提供することはできません。本学の建学の精神である「誠の医療」を実現するためには、技術革新に心を伴わせることが大切だと考えています。当科では今後も、それぞれの妊婦さん・患者さんのライフステージとライフスタイルに寄り添うこと、この医療圏全体で本当に求められている診療なのかどうか検証を続けることを心がけます。産婦人科で診療を受ける妊婦さんや患者さんのほとんどが家庭や社会の中心的役割を果たしています。これまで診断や治療に難渋していた疾患や、治療にあたって心身に大きな負担のかかる疾患に苦しんでいた患者さんが明るく元気に復帰することが家庭や社会に力を与えます。当科では日本の未来を明るくすることを使命として診療および研究・開発にあたりたいと考えています。

 当教室には教育熱心なスタッフが揃っており、産婦人科の主要4分野の診断、治療全般に精通できるように教育体制を敷いています。産婦人科に少しでも興味のある学生や若手医師の先生、ぜひ一緒に仕事をしましょう。ご連絡をお待ちしています。

 

岩手医科大学産婦人科講座
主任教授 馬場 長
 

これらの分野を幅広く学び、将来はその中で自分の専門の道へ進むことになります。チーム医療のなかで正常に限らず異常妊婦からの新しい命の誕生を支えることは、ほんとうにやりがえのある仕事ではないでしょうか。また、一方、悪性腫瘍に苦しむ患者さんへの最高の内科的(抗癌剤治療)、外科的治療を施し、その患者さんを助けることができたら!仕事はきつい時もありますが、それ以上に充実感があると思います。岩手県で国内外の先端施設に負けない最先端医療を実践しています。国内に留まらず、国際的にも行動しましょう。

 

岩手県医療に不足している地域医療の拠点化・先端化を早急に若いエネルギーを進めたい。患者とともに悩み、問題を解決でき、国内外で行動できる医師が必要であり、将来像でもある。医師に求められる優しさとは何か?やさしい言葉、態度?それも重要!でも、患者の目的は健康を取り戻したいこと。そのためには、拠点病院には、一律な医療以外に最も標準的さらに先端医療も提供できる医師が必要、同時にそれを支える医師も!それがほんとうの優しさだろう。

 

大学は研究・教育機関であり、単に診療だけでない!大学間で学会などを通じ業績を競うことで医学は進歩する。実際、産婦人科学講座に入局した 医師は、全員、学位を取る義務を有し、教授はそれを全面的に指導することになる。医学は科学であり、自分が行った基礎あるいは臨床研究を論文にできてこそ、科学者であり、患者に対して真に正確な情報を提供でき、信頼を得ることができるようになる。過去にまかり通ったように経験だけに基づく手法のみで進むと、新しい社会の中で埋没することになる。

 

産婦人科医療は、女性の一生を通じた健康管理である。胎児から新生児(小児科とともに)、思春期、性活動が盛んな成熟期、更年期、老年期の女性の管理をする。そのため、上記のように幅広い分野を有し、内科・外科との共同での診療も必要になる。

 

産婦人科医療は新しく脱皮しつつあり、若い多くの研修医と希望を持つ中堅医師を求めます。

産婦人科学講座

▲上に戻る